最新情報詳細

ペルー 世界遺産マチュピチュとチチカカ湖の旅 9日間(新潟ビーエス観光)

IMG_2052_RIMG_2214 (編集済み)_RIMG_2071_RIMG_2076_RIMG_2082_RIMG_2175_R

 

2016年2月26日~3月5日の9日間 世界遺産の中でも注目度の高いマチュピチュ、ペルーの旅行を催行致しました。

今南米ではジカ熱が何かと問題されていますが、ペルーにおいては全く問題はありませんでした。雨季の時期でしたが、毎日が快晴の中での旅行でした。簡単にレポートしてみたいと思います♪

 

第1日目は成田空港よりアメリカはアトランタへ。そこから更に7時間のフライトにてペルーの首都リマへ飛び立ちます。しかし機材トラブルの為、4時間の遅れ。乗り換えの時間には間に合わず、アトランタのホテルにて1泊目を過ごしました。アトランタからリマへのフライトは1日1本のみ。ということは明日の夕方まで時間があるということで・・・

 

2日目はアトランタ市内観光。アトランタといえばオリンピックの会場ですが、何か面白いところはないかと探し・・・ありました!ストーンマウンテン!!オーストラリアのエアーズロックほどではありませんが、1枚岩の花崗岩の山としては世界最大のものです。ロープウェイにて頂上へ上り、景色を堪能!アトランタは周りに大きな山脈がないため地平線をきれいに見ることができます!かえって飛行機が遅れたおかげでここが観光でき、良かったとのお声も・・・添乗員にとってはありがたいというか安心の一言です。そしてリマへ向かう飛行機も無事に飛び、夜中にホルヘチャベス国際空港へ到着。しかし次の日は早朝の便にてクスコへ向かうため、ホテルではシャワーと身支度と朝食のみいただき、空港へと向かいました。

 

3日目リマよりクスコへ。クスコはかつてのインカ帝国の首都であったところ。大きな町でアルマス広場ではパレードが行われていました。何よりも標高は一気に3,400mまであがり、空気の薄いのと紫外線の強さにびっくり。尚、今年は紫外線が例年よりかなり高く一日で顔が真っ赤になってしまいました。クスコからオリャンタイタンボへ向かい、駅からビスタドーム号の列車に乗ってマチュピチュ村へ。車内は大きな窓が天井まで抜けていて景色を十分楽しむことができ、また軽食がでてきて優雅な時間を楽しむことができました。夕刻マチュピチュ村へ到着し、エルマピホテルにて夕食。明日はいよいよマチュピチュへ(^^)/

 

4日目深夜から早朝にかけてかなりの雨が降りましたが、出発の時間には雨もあがり快晴に。バスにてハイラムビンガムロードの上り天空の都マチュピチュへ。ガイドの案内の元ゆっくりと散策。そこらじゅうにアルパカがいてのんびりとした時間を過ごしました。昼食はサンクチュアリロッジにてフォルクローレを聞きながらバイキング。午後は自由時間とし、村へもどりゆっくり過ごす方とインティプンク(太陽の門)へハイキングへ向かう方と別れての行動。温泉(アグアスカリエンテス)を楽しむ方もいらっしゃいました。

 

5日目。マチュピチュ村を後にしてオリャンタイタンボ遺跡の観光とクスコへ向かう道中インディアンマーケットにて散策と買い物を楽しみ、クスコ泊。

 

6日目。クスコよりバスにてチチカカ湖へ。道中アンダワイリヤス教会とラクチの遺跡を見学。安打和入谷ス教会はペルー三大教会のひとつ。祭壇は金ピカで本当に素晴らしいものでした。また今回のツアー最高標高4,335mのララヤ峠を越えました。チチカカ湖では船にてウロス島へ。島民はトトラと呼ばれる葦でできた小さな島に暮らします。がしかしテレビ、ラジオなどがあり、各島には太陽発電もあり暮らしは思った以上に快適のようです。バルサと呼ばれるトトラでできた船に乗船もしました。今日はプーノに宿泊。ホセアントニオホテルにてチチカカ湖を見ながらのディナー。

 

7~9日目。予定ではリマの市内観光でしたが、初日の飛行機の遅れの為、2日目のナスカの地上絵鑑賞の日程をこの日に持ってきました。フリアカ空港からリマへ戻り、リマからバスにて片道約4時間の移動。ピスコの空港からセスナ機にて上空よりナスカの地上絵を鑑賞します。セスナは右へ左へ旋回し眺めるもので、乗り物の弱い方は結構きついかも・・・年々保存状態は悪くなっているかもしれません。再び空港へ戻り、アトランタ経由成田へ。帰路は無事に戻ってまいりました。

 

南米は直行便がないのでほぼ1日かけての移動になりますが、マチュピチュはそれだけの時間をかけて訪れる価値はあります!多くの世界遺産に言えることなのですが観光客が沢山訪れるため、遺跡の傷みや、落書きなどで以前は入場できたところが外からの拝観になってしまったり、ガラス越しになってしまったりするところが増えてきているように感じます。現地ガイドいわくマチュピチュも例外ではなく将来は展望台からの見学のみになってしまう可能性もあるそうです。観光のマナーとともに気になる観光地はお早めに!!旅のコーディネイトは是非ビーエス観光にお任せください!!

最後にマチュピチュの会様のご企画により旅行を催行させていただきました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

新潟ビーエス観光 飯泉 隆史